PRODUCT

製品紹介

Public Item & Other

パブリックアイテム・その他

流出抑制型目地材 SBサンドⅡ

SB SAND

SBサンドⅡ袋外観
細目粗目それぞれの目地の様子
SBサンドⅡ盛った様子
SBサンドⅡ袋外観
細目粗目それぞれの目地の様子
SBサンドⅡ盛った様子

散水することで固定化する、インターロッキングブロック専用の目地材です。一般的な目地材よりも、雨水による目地砂の流出と雑草の育成を抑制することができます。細目と粗目をラインアップ。細目はロシェシリーズ等の2mm目地製品に、粗目はパエリア(普通・透水性)の目地におすすめです。

価格表

品種 規格 価格
細目 20kg/袋、φ=1.2mm以下 4,150円(税込4,565円)
粗目 20kg/袋、φ=2.0mm以下

【施工対象外商品】れんが、石材、透水性インター、保水性インター、アクシアシリーズ

SBサンドの特長

固定化したSBサンド
SBサンドⅡの展示

目地の中で固定化して流出することを防ぎます。

施工の流れ

舗装材の表面および側面が濡れている場合には、よく乾燥させてから施工してください。

1SBサンドの充填

SBサンド

舗装材の表面にSBサンドを均一にまき、ほうきやデッキブラシなどで目地に充填します。

2転圧

SBサンドを目地部にすきまなく充填するため、歩く程度のスピードで、一定方向に3回程、転圧を繰り返します。

3SBサンドの補充

転圧して下がった分SBサンドを補充し、ほうきやデッキブラシなどで、舗装材表面を掃くようにしてSBサンドを目地にすり込みます。

4SBサンドの掃きとり

ほうきやデッキブラシなどで余ったSBサンドをできるだけきれいに掃きとってください。
散水時にSBサンドが残っていると舗装材の表面を汚す可能性があります。

5散水

ジョーロや水道のシャワーノズル等の水圧の低い器具で散水し、十分に水を含ませてください。
水がブロックや目地に浸透するのに時間がかかるため、散水は1㎡あたり4ℓ程度を2回(1回あたり2ℓ)に分けて行ってください。散水量が分かるようにジョーロを使用することをおすすめします。
ブロック表面にSBサンドが残っていないか確認し、残っている場合には再度散水し目地に流し込んでください。

雑草が生えにくい

実験の様子

同量の山砂、けい砂、SBサンド(種植え後に硬化させたもの)を用意し、植物の種を撒いた。毎日、水やりを行い、それぞれの試験体の変化を確認する。

種を植えて約一ヶ月後の様子。山砂や、けい砂には発芽した草が生え始めているが、SBサンドには変化がみられないことが確認された。